MENU
スポンサーリンク


【セレン龍月の炎上まとめ】契約解除はどっちが悪い?いじめは本当にあったのか気になる…!

スポンサーリンク

にじさんじENのセレン龍月が2024年2月5日に契約解除になったことが発表されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理由は度重なる違反行為とのこと。

EN勢の契約解除だと遊馬ユーゴ(※発表は卒業とされていますがほぼ契約解除)やランザー罪恩ですが、この2名と比べてもかなりの長文。

運営の本気度というか、怒っている様子が見て取れます。

一体、運営をここまで怒らせた違反内容とはなんなのか…

セレン龍月が行ったとされる契約違反の内容もサクッとまとめておきます。

また、契約解除に対して主に海外では運営批判している声もあるようですが、

日本ではあくまでライバーに非があるという意見が大半。

セレン龍月の中の人もこの件に対して反応しているようなので、どちらが悪いのか意見をまとめてみましょう。

目次
スポンサーリンク

セレン龍月の契約違反の内容

まず、セレン龍月の契約違反の内容ですが、当然ながらその全てを窺い知ることはできません。

ただ発表の中にある「無断で投稿したミュージックビデオ」については一連の流れがあるのでご紹介します。

セレン龍月のMV無断投稿事件

セレン龍月が「Last Cup of Coffee」の歌ってみたを2023年12月26日に公開

運営の対応により、非公開になる

海外リスナーが運営の批判を始め、炎上騒動に発展

「再アップロードはご自由に」とセレン龍月が発言

当然、リスナーはXなどに上げまくる

同時期、セレン龍月が事故で入院したと発言
※運営からの発表は無し

その後「退院して両親にサポートしてもらっている」と発言するも、2024年に入ってからの更新無し

経緯としてはこんな感じ。

また、その他の違反内容、契約解除理由について公式からの発表をまとめると

  • 著作権侵害に成りえる許諾フローを無視した行動
  • ANYCOLOR関係者の創作物の無断利用
  • クリエイターへの制作料の支払い遅延
  • マネージャーやライバーから注意喚起をしても無視をする
  • 虚偽の内容を交えた物をSNSに投稿して責任転嫁

まあこれだけ見ると、逆に今までよく契約解除にならなかったな…という感想。

2023年5月には最終通告(※次やったら契約解除)というお達しがあったようなので、

ここまではなんとかやってきたのでしょう。

ただ、MVの無断アップロードが最後の引き金になって契約解除…ということでしょうか。

スポンサーリンク

他の契約解除ライバーより長文な理由

不穏な卒業や契約解除者と言うと、遊間ユーゴとランザー罪恩が思い出されますが

遊間ユーゴの場合は詳細が一切わからず、ランザー罪恩は箇条書きで書かれています。

今回の発表は上記2名よりかなり長文で詳しく説明されていました。

恐らく上記2名の発表方法に対して批判が相次いだのが理由でしょう。

理由を明らかにし、詳しく書くことでリスナーへの説明義務を果たしているのだと思います。

スポンサーリンク

セレン龍月の契約解除で悪いのはどっち?

冒頭でも書きましたが、ライバーが悪いという声と運営が悪いという意見が上がっています。

運営からの一方的な発表のみで、セレン龍月からの声明は出せないので多少の憶測が飛び交うのは仕方ないかも。

ただ、この運営からの発表に対し、セレン龍月の中の人が反応。

日本語訳

私はもう黙りません。12月、私は未遂で入院しました。それは内部からのいじめと、何カ月も劣悪な環境にいたことが原因で、限界に達したからです。

私は1月26日、先に退職したいと申し出ました。

みんなと旧正月を祝いたいから、すぐにここに戻ってきます。旧正月は、人生の大部分を中国で過ごした私にとって、そして私の中国文化にとって大きな意味を持っています。

旧正月は、幸せと新しい出発の始まりであるべきです。

まだ私は私であり、獲得した記憶と実績は私のものであることに変わりはありません。それを奪うことはできない。

どうかみんなに、私が今ここにいることを伝えてほしい。みんながまた私を見つけてくれて、また一緒に笑えることを願っています。

「未遂」という言葉を見て連想するのは「自◯未遂」だと思います。

ただ「自◯未遂」を正確に表すなら「suicide」という単語が無いのはなぜなのか…

ただ直接的な表現を避けただけなのかもしれませんが、

いずれにしても中の人としては「環境が悪く、卒業を申し出たのは自分が先」という主張ですね。

両者の主張を見ると、どっちもどっちなのではないか…という気がしないでもないです。

スポンサーリンク

エニーカラー代表の田角社長が動画で説明

セレン龍月の契約解除を巡る騒動について、エニーカラーの代表である田角さんが動画にて謝罪を行いました。

田角社長の謝罪動画内容

こんにちは、にじさんじEN CEOの田角陸です。
この動画はNIJISANJI ENのファンや当社をサポートしてくださるすべての皆様に直接お伝えするために撮影しました。
まず第一に、多くの方々に不安な思いをさせていることを深くお詫びいたします。

どうか貴方がたの懸念を払拭するお時間をいただければと思います。 最初に、2月7日に当社IR情報のページに掲載いたしましたお知らせにより、誤解を生じさせてしまったことをお詫びいたします。

セレンの契約解除をお知らせしたあと、これが業績に与える影響について、投資者の皆様からご質問をいただきました。あのお知らせは投資者の皆様へ回答させていただくために公開いたしました。 折り悪く、私たちは業績への影響について説明する際に「negligible」という表現を使用してしまいました

この状況において配慮にかける表現であり、それを要因として、NIJISANJI ENファンおよび当社をサポートしてくださっている皆様に、「ANYCOLORはセレンの解雇や彼女自身の影響力を軽視している」と感じさせてしまいました。

私たちはこの結果を非常に遺憾に思い、私たちの英語でのコミュニケーションの在り方を見直してまいります。 セレンは間違いなくNIJISANJI ENの成長のために不可欠でした。 会社として、私たちの関係がこのような形で終わってしまったことを本当に残念に思います。

2月7日に掲載されたお知らせにあのような表現を使用したことをお詫び申し上げます。 私たちは、まるで彼女の努力や所属ライバーに価値がないかのような印象を与えてしまいました。 大変申し訳ございませんでした。

次に、私たちのお知らせに対して寄せられた、「ANYCOLORは所属ライバーに対して、彼らが健全なメンタルヘルスを維持できる安全な環境を提供していないのではないか」という声について釈明させていただきます。

私たちは、ANYCOLOR株式会社のみならず、所属ライバーまでもが攻撃的なメッセージを送られているこの状況の責任を負います。 所属ライバーや彼らをサポートしてくださっている皆様へ、深くお詫び申し上げます。 会社の行動がライバーたちに苦境をもたらし、状況を深刻なものにしてしまいました。

SNSから一時的に距離を置く選択をするライバーがいることにご理解賜りますよう、お願いいたします。 マネジメントチームはライバーへ可能な限りのサポートを提供するため、コミュニケーションを続けてまいります。

私たちは今後、ライバーが『ウェルビーイング』を維持しながら配信活動を再開できるよう、新しい社内システムを導入する予定です。 より良い情報伝達システムなどを確立することで、問題をより迅速に発見・解決できる環境作りを目指してまいります。

次に、Vtuberコミュニティを支えてくださるファンの皆様から寄せられた、「ANYCOLORはNIJISANJI ENへ十分なサポートを提供しているのか」という懸念についてご説明いたします。

Youtubeのコンテンツにおいて、昨年の秋まで公式番組がありませんでした。 7月の3Dイベントや、昨年2月に中止となったNIJISANJI EN AR LIVE ”COLORS”だけで、3Dライブコンテンツが不足しておりました。

その一方で、この1年間、私たちはNIJISANJI ENとしてより良いコンテンツを提供できるように、ENスタッフの採用と人材強化に取り組んでまいりました。 昨年より、まだ準備段階ではありますが、複数のプロジェクトの進行を始めております。

これがライバー自身の活動をサポートするだけでなく、NIJISANJI ENとしてのコンテンツを充実させられればと願っております。 日本時間で11日に開催されるゲームイベント配信はそのうちの1つです。

しかし、このところの状況を考慮し、ライバーの『ウェルビーイング』を見直し、守ることに集中するため、こちらのイベントは延期しております。 私たちは、持てる力全てを以て、NIJISANJI ENへのサポートとファンの皆様のご期待に応えていく所存です。

最後に、最近の出来事だけでなく、以前からあり、私たちが注意を払うべきだった領域についてお詫び申し上げます。 所属ライバーたちは、その一人一人がかけがえのない存在です。ビジネスパートナーであることを超えて、彼らは私たちが会社として守らなければならない最も大切な方々です。

ライバーを応援してきた、またし続けてくださる皆様におかれましては、彼らの『ウェルビーイング』に対する私たちの取り組みが不明瞭であったことをお詫び申し上げます。 今回のことは決してあってはならないことだと感じております。

改めまして、個人として、また当社を代表して、皆様にご心配をおかけしたことをお詫び申し上げます。 私たちはANYCOLOR株式会社として、ライバーが彼らの創意工夫で成功できる環境作りと維持に全力を尽くしてまいります。

内容としては中止になったにじさんじENのマリカ大会やIRでの発表についてでした。

日本語訳

[2月11日(日本時間)開催の「マリオカート8 デラックス スペシャルバトル」に関するお知らせ]

2月11日に開催を予定しておりました「マリオカート8 デラックス スペシャルバトル」ですが、ライバーの健康を優先し確保することに最大限の注意を払うため、残念ながら開催を延期させていただくこととなりました。なお、本イベントは近日中に改めて開催する予定であり、新たな日程が決定次第改めてお知らせいたします。

急なお知らせとなりましたことを深くお詫び申し上げます。

こちらがIRでの発表内容

当社所属ライバー「Selen Tatsuki」の契約解除の決定による当社業績への影響について

2024年2月5日に、当社は所属ライバー「Selen Tatsuki」の契約解除を決定いたしましたが、これが当社業績に与える影響は極めて軽微であります。

出典:https://www.anycolor.co.jp/ir
ぼんぼや

改めて見ても、この発表で風向きが一気に悪くなった気がする…

また、今回の騒動について、にじさんじEN所属のエリーラ、ヴォックス、アイクが現在の状況について説明してくれていました。

エリーラ・ヴォックス・アイクのコメント
スポンサーリンク

セレン龍月に対するいじめはあったのか

この騒動において、リスナーの注目が集まっているポイントになっているのが「いじめの有無」

状況的にはエリーラとセレンが対立している構図ですが、そこにいじめがあったのかは定かではありません。

ただエリーラが「住所が晒される危険がある」と言っていたのでセレンの標的になっていそうではある。

また、ヴォックスが勝手に録音されていた…と発言したことで、ネット上ではヴォックスもいじめてたんじゃないか…という噂も出ているようです。

ただヴォックスは被害者というか、仲裁しようもしていたはずなので違うと思います。

結論、いじめが本当にあったかはわかりませんが、無いことを祈るばかりですね…

スポンサーリンク

セレン龍月の契約解除に対してのネットの声

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次